AGREA-地下水・地下熱資源強化活用研究会

What's AGREA-地下水・地下熱資源強化活用研究会

特定非営利活動法人地下水・地下熱資源強化活用研究会は、地下水・地下熱資源の強化活用を通じて豊かな社会の醸成に貢献できるように活動する団体です。

仕切り線

【事務局】

信州大学工学部

藤縄研究室内(土木工学科棟3F)

〒380-8553

長野県長野市若里4-17-1

TEL:080-9283-0010

仕切り線 メールはこちらへ 会員専用ページ

理事長挨拶

特定非営利活動法人地下水・地下熱資源強化活用研究会

 

理事長 藤縄 克之

 

藤縄克之

特定非営利活動法人
地下水・地下熱資源強化活用研究会
理事長 藤縄 克之

地下水は,飲用,洗浄,冷却,養魚,消雪,作物栽培,食品製造などの用途に資する水資源として重要な役割を果たしてきました.しかし,近年,地球温暖化などに起因する異常気象によって地表水を主とする水資源の安定供給が不安視されるようになっており,気候変動の影響を受けにくく,豊富で,遍く賦存し,良質かつ恒温性の高い地下水が果たす役割は様々な用途で今後ますます大きくなるものと考えられます.

 

このように,地下水資源の果たすべき役割が今までになく大きくなっている反面,様々な要因で健全な地下水の利用が阻まれる可能性が強まっています.まず第1に,良質な水資源の逼迫という国際情勢を反映し,地下水管理制度の不備をついて国内の水循環の秩序が撹乱される懸念が指摘されており,国や自治体での法令の整備が急務となっています.また,地下水資源は有限であり,その収奪的利用は,地下水賦存量の減少を招き,地下水資源の安定的供給を阻害するばかりでなく,井戸の枯渇,湧水量の減少,生態系への影響,あるいは地盤沈下の発生といった様々な環境問題を引き起こす懸念を孕んでいます.

 

一方では,地球温暖化防止のため化石エネルギー使用量の削減が急務となっている最中に福島原子力発電所で過酷事故が発生し,現在に至るまでエネルギー需給が大きく混乱しており,持続可能な代替エネルギーの開発と普及が喫急の課題となっています.産業活動や日常生活で必要とされるエネルギーには,電気の他,光,動力,熱など様々な利用形態がありますが,我が国で消費される家庭用・業務用民生エネルギーの半分以上は冷暖房や給湯など,熱としての利用が占めています.また, A重油を加温用に多用する施設農業では,原油価格がこの5年で2倍に高騰し,販売価格に転嫁できない生産者は危機的状況に陥っています.このような状況下,"熱利用には地下熱などの自然熱を"利用する技術が次世代の施設冷暖房方式として大きな注目を集めています.ただ,現在我が国で主流となっている熱交換井戸を用いたクローズドタイプの地中熱利用は,導入初期費用が嵩むため,欧米や一部アジア地域のように大規模施設から戸建て住宅まで広範に普及するには至っていません.また,環境への配慮を欠いた浅層地盤や地下水の熱的利用が地下環境に悪影響を与える可能性も指摘されているところから,地盤の温度環境を適切に管理することも求められています.そこで,1年を通して温度が安定し,浅層地盤や広範に大量に賦存する再生可能エネルギー資源である地下水が有する熱エネルギーをヒートポンプとともに活用し,地下水の流れや水温が適切に制御できる地下水制御型冷暖房給湯システムにいま大きな期待が寄せられています.

 

今後,地下水・地下熱資源を有効に活用していくためには,地下水・地下熱資源を量的・質的に管理できる社会システムを構築しなければなりません.そのためには,地下水・地下熱の利用に伴う様々な環境インパクトを適切に回避するとともに,余剰地表水を積極的に涵養し,地下水資源を常に強化しておく地下水バンキングなどを普及させる必要があります.また,地下水の熱的利用においては,地下蓄熱と熱移動制御を組み合わせることにより環境に配慮したより高効率な冷暖房ヒートポンプシステムを開発するなど,普及が遅れているオープンタイプの地下熱利用技術をさらに向上させていく必要があります.このような環境に配慮した地下水・地下熱利用を普及させるためには,大学などの研究機関で開発された様々な科学技術を社会実装するための手段を提供することも極めて重要になってきます.

 

平成25年9月に発足いたしました本研究会は,研究機関や異業種および関連組織との連携を強化するとともに,技術開発,技術講習会,研修会,業務発表会,シンポジウム,地域イベントなどを通して会員の技術力向上を図り,会員間の情報交換や地下熱利用技術の啓蒙活動を行うことにより,地下水・地下熱資源の強化活用を通して豊かな社会の醸成に貢献できるよう活動をしてまいりましたが,本年4月からはさらに機動力を向上させるため特定非営利活動法人に衣替えをいたしました.本年も,好評をいただいております熱応答試験講習会の開催,シンポジウムの開催など,積極的に活動を推進してまいりますので,是非,皆様のご支援・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます.