AGREA-地下水・地下熱資源強化活用研究会

What's AGREA-地下水・地下熱資源強化活用研究会

特定非営利活動法人地下水・地下熱資源強化活用研究会は、地下水・地下熱資源の強化活用を通じて豊かな社会の醸成に貢献できるように活動する団体です。

仕切り線

【事務局】

信州大学工学部

藤縄研究室内(土木工学科棟3F)

〒380-8553

長野県長野市若里4-17-1

TEL:080-9283-0010

仕切り線 メールはこちらへ 会員専用ページ

2019.10/18-19 第6回AGREA技術交流会・論文募集のお知らせ

AGREA-地下水・地下熱資源強化活用研究会
投稿日:2019年09月05日

会告

『AGREA(NPO法人 地下水・地下熱資源強化活用研究会)では、毎年秋にAGREA会員間の親睦や情報交換を目的として、技術交流会を開催しており、2019年は第6回を迎えます。

「地下熱利用」、「地下水利用」及び「地下水保全」につきまして、会員より最新の研究動向や技術開発に関わる有益な発表が2日間にわたり行われます。つきましては、会員の皆様に奮ってご参加いただきたくご案内申し上げます。』

今回は、技術交流会の発表論文を下記の要領で募集いたします。会員の皆様におかれましては、奮ってご応募のほど、何卒よろしくお願いいたします。

開催日

令和元年10月18日(金) 13時~17時

令和元年10月19日(土) 9時~12時  の2日間

会場

アルカディア市ヶ谷(私学会館)

発表要件

内   容:会員による業務実績、業務事例、研究実績等の紹介

発表時間:30分(発表25分、質疑応答5分)予定

発 表 数:2日間で14件程度を予定(例年実績です)、先着順

発表論文の募集

以下の通り発表論文を募集いたします。


■応募資格:AGREA法人会員,個人会員

■論文形態:MS Power Pointを原則とします。書式は自由。

■申し込み方法

①発表のご意思表示につきまして

別紙1に必要事項をご記入の上、9月30日までに担当者へメール送信をお願いします。

②発表論文のご提出につきまして

資料印刷製本の都合上、10月7日(必着)までに担当者へメール送信をお願いします。

編集の都合上、MS Power Pointのバージョンをお知らせ下さい。

■申し込み先:特定非営利活動法人 地下水・地下熱資源強化活用研究会

企画委員会 担当者:長沼 宏一(東京建設コンサルタント内)

TEL:03-5908-2644(直通)

E-mail :naganuma-h@tokencon.co.jp


 

 

 

2019.10/18-19 第6回 AGREA技術交流会・開催のお知らせ

AGREA-地下水・地下熱資源強化活用研究会
投稿日:2019年08月30日

第6回AGREA技術交流会・開催のお知らせ

1.会告

 AGREA(NPO法人 地下水・地下熱資源強化活用研究会)では、毎年秋にAGREA会員間の親睦や情報交換を目的として技術交流会を開催しており、2019年は第6回を迎えます。

「地下熱利用」、「地下水利用」及び「地下水保全」につきまして、会員より最新の研究動向や技術開発に関わる有益な発表が2日間にわたり行われます。つきましては、会員の皆様に奮ってご参加いただきたくご案内申し上げます。

2.開 催 日

令和元年10月18日(金) 13時~17時

令和元年10月19日(土)    9時~12時  の2日間

3.会  場

アルカディア市ヶ谷(私学会館)

〒102-0073 東京都千代田区九段北4-2-25

TEL 03-3261-9921(代表)

ホームページ : http://www.arcadia-jp.org

4.発表内容

内  容 : 会員による業務実績、業務事例、研究実績等の紹介

発表時間 : 30分(発表25分、質疑応答5分)予定

発 表 数 : 2日間で14件程度を予定(例年実績)

注 : 30分の講演を考えていますが、発表件数により変化する可能性もあります。

5.資料の配付

当日、講演資料集を配付(無料)します。また、後日、企画委員会・広報委員会より発表論文をホームページに掲載し、ダウンロード可能とします(会員限定)。

6.参加費用など

1)技術交流会

  費  用 :  無料(会員限定)

2)意見交換会

  予定日時 : 令和元年10月18日(金)17時00分~19:30分

  費  用 :  4,000~5,000円程度  領収書を発行します。

7.お申し込み

申込書に技術交流会参加者人数及び意見交換会参加者人数をご記入のうえ、下記、担当者あてにメールでお送りください。(ご参加 者様のお名前がわかればご記入ください。決定前なら空欄としてください)

      第6回AGREA技術交流会参加申込書

 申込期限 :  令和元年10月7日(月)

 申し込み先 : 特定非営利活動法人 地下水・地下熱資源強化活用研究会

        企画委員会 担当者:長沼 宏一(東京建設コンサルタント内)

           TEL:03-5908-2644 (直通)

E-mail:naganuma-h@tokencon.co.jp

 8.技術交流会会場

アルカディア市ヶ谷(私学会館)

〒102-0073 東京都千代田区九段北4-2-25  TEL 03–3261-9921

kouryuu1

■交通のご案内  地下鉄 有楽町線・南北線 市ヶ谷駅(1またはA1)出口

地下鉄 新宿線 市ヶ谷駅(A1またはA4)出口

JR中央線(各駅停車)市ヶ谷駅

kouryuu2

■所要時間

東京まで14分、新宿まで10分、新橋・汐留まで21分、渋谷まで15分、秋葉原まで9分

※平日午後の市ヶ谷駅からの平均的所要時間

 

 

 

 

 

 

2019.08.20 「地中熱利用技術ハンドブック」表紙の図案が決まりました。

AGREA-地下水・地下熱資源強化活用研究会
投稿日:2019年08月20日

令和2年3月に発行を予定しております「地中熱利用技術ハンドブック」ですが、表紙の図案が決まりました。

なお、このハンドブックは今回が最初で最後の頒布となっております。事前予約を希望される方は受付締切が8月末となっておりますので、お早めにお申し込みいただければと思います。

Handbookhyousi

 

2019.7.1「地中熱利用技術ハンドブック」事前予約受付開始のご案内

AGREA-地下水・地下熱資源強化活用研究会
投稿日:2019年07月11日

syoukai4

地中熱を活用するためには,ヒートポンプに係わる機械工学や施設の設計に係わる建築学の技術のみでは不十分で,熱源としての地層の性質や地下水の挙動,さらには地下水利用に係わる条例といった幅広い知見が必要とされます。このような学際的な対応が必要であるにもかかわらず,地中熱に携わる技術者や研究者は限定的で,今までに出版されてきた数少ない専門書も施工技術者のための技術マニュアルといった範囲に止まっており,地中熱の効率的利用,低コストを担保するための最適設計といった広い視点が欠如していました。

本書の発行に当たり,地中熱利用設備の設計・施工技術者,ヒートポンプの設計施工技術者,ヒートポンプシステムの販売に携わる関係者,オフィスビル・商業施設・工場・公共施設などのエネルギー管理者や施設運営者,地中熱に関連する分野の行政担当者,地中熱利用技術に興味を持つ大学生・大学院生・大学教員,そして地中熱に関連する分野の研究者などの広い読者層を想定し,斬新なトピックスを取り上げるとともに,参考文献を充実させることに注力しました。

今般の企画では,エンジニアリングとしての地中熱利用技術の集大成を図るとともに,サイエンスとしての本質も深掘りした最新の技術情報を満載したハンドブックの出版を目指しております。本書が,明るい未来の創造に一石を投じることができれば執筆や編集に携わった関係者一同にとって望外の喜びです。

NPO法人 地下水・地下熱資源強化活用研究会理事長 藤縄克之

syoukai2


事前予約のご注文は、事前予約申込バナーから、もしくは以下の申し込み用紙にてお願いいたします。

申し込み用紙はこちら →  事前予約申込書(ワード版) 事前予約申込書(PDF)


目次(内容は変更される場合もあります)

第1章 注目される地中熱
1.1日本におけるエネルギーの需要と供給
1.2再生可能エネルギーとしての地中熱の役割
1.3環境省が進める地中熱利用
1.4国土交通省が進める地中熱利用
第2章 地中熱の利用技術体系
2.1クローズドタイプの地中熱利用技術
2.2オープンタイプの地中熱利用技術
2.2.1地下熱貯留を考慮したシステム
2.2.2 カスケード利用による地下水熱源の有効活用
2.2.3 オープンタイプでの交換熱量の算定
2.2.4 地下水を熱源とする二次側利用システム
2.3 NEDOでの技術開発
第3章 新技術がサポートする地中熱利用
3.1水熱源ヒートポンプの構造
3.2水熱源ヒートポンプ vs 空気熱源ヒートポンプ
3.3地中熱利用のための掘削技術
3.4揚水コスト削減対策
3.5 水質トラブルの解消
3.6 オープンタイプのための水質浄化技術
3.7 現地調査手法
3.8数値シミュレーションによる支援
3.9見える化技術
3.9.1 GSHPSの理論と計算
3.9.2 GSHPS の図化
第4章 地中熱利用技術導入事例
4.1オフィスビルへの活用
4.2工業施設への活用
4.3医療施設への活用
4.4公共施設への活用
4.5戸建住宅への活用
4.6農業ハウスへの活用
4.7融雪への活用
第5章 地中熱の経済性
5.1初期コストとランニングコストで見る地中熱の特徴
5.2経費削減のための簡易ボーリングとその適地
5.3経費削減のための掘削工法
第6章 地中熱利用に関わる法令と自然環境
6.1地中熱利用と環境への影響
6.2地下水の利用と保全に係わる法令
6.3地下水資源の強化策

2018.11.29-30 AGREA第5回技術交流会の開催案内

AGREA-地下水・地下熱資源強化活用研究会
投稿日:2018年10月16日

AGREA第5回技術交流会の開催について

 地下熱利用および地下水利用・保全に関わる研究動向や技術開発に関わる会員間の情報・意見交換を目的に、下記のとおり「NPO法人地下水・地下熱資源強化活用研究会 第5回技術交流会」を企画致しました。奮ってご参加のほど、よろしくお願い申し上げます。

------------------------------------------------

1.開 催 日

平成30年11月29日(木) 13時~17時

平成30年11月30日(金)    9時~12時  の2日間

2.会  場

アルカディア市ヶ谷(私学会館)

〒102-0073 東京都千代田区九段北4-2-25

TEL 03-6685-0540(会議場係直通)

ホームページ : http://www.arcadia-jp.org

3.発表内容

内  容:業務実績・事例、研究実績等(現在取り組んでいるもの等)

発表時間:30分(発表25分、質疑応答5分)、12件/2日間の発表を予定

発表方法:MS Power Pointによる発表を基本とします。

注: 30分の講演を考えていますが、発表件数により変化する可能性もあります。

4.ご発表の意志表明

期  間:  平成30年10月31日(金)まで

申し込み方法:電子メール(企画委員会担当者あて)

                             naganuma-h@tokencon.co.jp

発表資格:  AGREA法人会員、個人会員

発表件数:  1件/会員を原則とします。

5.講演資料集

原稿提出:MS Power Point により電子データでご提出ください(基本)

提出〆切:11月19日(金)必着でお願いします。

配信方法:発表当日、講演資料集を配付します。また、後日、発表原稿を企画委員会にて集約し、オンラインストレージにて配信し、ダウンロード可能とします(会員限定)。

6.参加費用と参加申し込み

参 加 費:   無料(会員限定)

申込締切:   平成30年11月19日(月)

申し込み先: 特定非営利活動法人 地下水・地下熱資源強化活用研究会

企画委員会 担当者:長沼 宏一(所属:㈱東京建設コンサルタント)

TEL  03-5908-2644(直通)

E-mail : naganuma-h@tokencon.co.jp

申し込み方法:電子メールにてお申し込みください。

      (様式自由、なお、ご出席者のお名前をご記入ください)。

 

7.意見交換会について

予定日時:平成30年11月29日(木) 17時30分~20時

申し込み方法及び申し込み内容:

技術交流会参加申し込み時に、意見交換会ご出席者名を合わせてお知らせ下さい。

意見交換会会費:6,600円(飲み放題)  領収書を発行します。

 

8.宿泊について

宿泊につきましては、各位、ご用意をお願いします。

 

【技術交流会会場】

アルカディア市ヶ谷(私学会館)

〒102-0073 東京都千代田区九段北4-2-25  TEL 03–3261-9921

kouryuu1

■交通のご案内  地下鉄 有楽町線・南北線 市ヶ谷駅(1またはA1)出口

地下鉄 新宿線 市ヶ谷駅(A1またはA4)出口

JR中央線(各駅停車)市ヶ谷駅

kouryuu2

■所要時間

東京まで14分、新宿まで10分、新橋・汐留まで21分、渋谷まで15分、秋葉原まで9分

※平日午後の市ヶ谷駅からの平均的所要時間

 

 

 

 

2018.10/29-30 第4回熱応答試験(TRT/TCP)・解析講習会のご案内

AGREA-地下水・地下熱資源強化活用研究会
投稿日:2018年10月05日

会 告

第4回熱応答試験(TRT/TCP)・解析講習会のご案内

                         主催 NPO法人地下水・地下熱資源強化活用研究会

                         後援 岐阜地中熱利用研究会

                         後援 NPO法人地中熱利用促進協会

                         後援 中部地中熱利用促進協議会

                         後援 新潟県地中熱利用研究会  (五十音順)

 熱応答試験(TRT)より求まる地盤の見かけの熱伝導率が地中熱交換井の本数・長さの決定に大きく影響を及ぼすため、地中熱利用システムの設計に際しては信頼性のある試験・解析の実施が必要不可欠です。NPO法人地下水・地下熱資源強化活用研究会(AGREA)では、これまで短期間の調査で高精度かつ安価に実施できるTRTとその解析法の開発・普及に取り組んできました。第4回目となる今回の講習会では、地層の見かけ熱伝導率が多深度でも迅速に評価できるTRTアナライザーを用いた解析技術を習得して頂くため、現地熱応答試験(TRT/TCP)とその解析の講習会を下記のとおり開催することになりました。本講習会では、実際に熱応答試験を扱う機会の多い方々を対象に、試験・解析の基礎知識の講習・実習を通じてわかりやすく解説します。講習会終了後には、深度別に評価した見かけ熱伝導率により、地下水流動の小さい深度や大きな深度も簡単に識別できるようになりますので、効率的な地中熱利用システムの設計が可能となります。何卒ふるってご参加賜りますよう、ご案内申し上げます。

1.開催期間と会場

  期間: 平成30年10月29日(月)・30日(火) 2日間

  会場: 信州大学 長野(工学)キャンパス内、E7棟

  懇親会会場: 長野(工学)キャンパス内、喫茶メモリーを予定

2.募集人員および申込方法

  募集人員: 30名(先着順)

  申込方法: 受講申込書(別添)に必要事項を記入の上、NPO法人地下水・地下熱資源強化活用研究会

          事務局へ送付

3.講座テキスト

  当日無料配付します。

4.パソコン

 参加者は、各自ノートパソコン(WindowsXP(SP3)以降)をご持参ください。学習で用いるプログラムはUSBで提供します。インストールに際し、PCの管理者権限が必要になりますので、ログインできるよう準備をお願いします。

5.参加費

会員 非会員 学生
 2日間  21,000円 30,000円 15,000円

別紙申込書記載の指定口座に10月25日までにお振込ください。

学生の方は、当日、学生証をご提示下さい。

懇親会参加費3,000円(予定)は当日お支払い下さい。

6.プログラム

puroguramu

 

7.お申込み先

<参加申込先>

熱応答試験(TRT/TCP)・解析講習会事務局

特定非営利活動法人 地下水・地下熱資源強化活用研究会(内)

〒321-3325 栃木県芳賀郡芳賀町芳賀台122-1

川田テクノロジーズ株式会社(担当:勝俣)

TEL  :028-687-2217

E-mail   :mori.katsumata@kawada.co.jp

※メールにて受講申込書をお送りください。

講習会案内及び申込書はこちら →   講習会案内  受講申込書

<振込先>

(銀行から)

振 込 先 : ゆうちょ銀行 支店名(118) 店番(118) 普通預金 2160466

口 座 名 : 特定非営利活動法人地下水・地下熱資源強化

(郵便口座から)

振 込 先 : 記号(11150) 番号 21604661

口 座 名 : 特定非営利活動法人地下水・地下熱強化

※10月25日までにご入金下さい。なお、入金後のお取り消しはで出来ませんので、ご了解下さい。

8.その他

参加者におかれましては、講習会で使用する『TRTアナライザー』を特別価格30,000円【定価101,520円(税込み】にて購入することができます。購入希望される方は、申込用紙にご記入または当日お申し付けください。

9.会場案内図

信州大学 長野(工学)キャンパス内.E7棟

basho2

basyo1

 

2018.5/17 NPO法人 地下水・地下熱資源強化活用研究会講演会のご案内

AGREA-地下水・地下熱資源強化活用研究会
投稿日:2018年04月24日

イチゴ栽培への地下水熱源ヒートポンプシステム利用技術の導入促進を支援するため、講演会を開催いたします。ご関心の皆様、多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。また、関係先にもご紹介、ご案内下さいますようお願いいたします。なお、講演会終了後には懇親会も開く予定となっておりますので、奮ってご参加ください。

 

agrea

【開催日】 2018年5月17日(木)15:30~17:30

【場 所】 ホテルメトロポリタン長野

【会 費】 無料(定員70名)

【プログラム】

1.15:30~15:35 主催者あいさつ

2.15:35~16:35 特別講演「イチゴ夏秋どり栽培の現状と可能性」

国立研究開発法人 農研機構東北農業研究センター施設野菜・育種グループ長 山崎 浩道 氏

3.16:35~17:20 特別講演「地下水熱源ヒートポンプと複合局所冷暖房システムを活用した四季成

                                        りイチゴの省エネ・高品質・周年安定・多収穫栽培」

AGREA理事長・信州大学特任教授  藤縄 克之 氏

4.17:20~17:30 質疑応答

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■懇 親 会:講演会終了後、懇親会(会費4,000円、当日)も予定しております。ご希望の方は参

           加申込書の懇親会参加欄にご記入の上、お申込みください。

■参加申込み:参加申込書にご記入の上、4月30日迄に下記の事務局アドレスまでe-mailにてお申し

            込みください。

■問合せ・申込先:〒380-8553 長野県長野市若里4丁目17-1

NPO法人地下水・地下熱資源強化活用研究会事務局 担当:工藤、米沢

e-mail:hq@agrea.or.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

AGREAいちご講演会_プログラム)    AGREAいちご講演会(申込書)

 

12/13-14 第4回技術交流会開催報告

AGREA-地下水・地下熱資源強化活用研究会
投稿日:2017年12月26日

地下熱利用および地下水の利用と保全に関わる研究動向や技術開発に関わる会員間の情報・意見交換を目的に、NPO法人地下水・地下熱資源強化活用研究会主催による平成29年度の第4回技術交流会が12月13日と14日の両日に渡って開催されました。

会場となった福島県郡山市の磐梯熱海温泉”清涼山倶楽部”では26名の参加者のもと、㈱エナジアに白石昇央氏と産業技術総合研究所の内田洋平氏による特別講演のほか計10編の研究発表があり、活発な質疑応答がなされました。また、13日の交流会終了後に催された意見交換会には22名の参加があり、和やかな雰囲気のもと技術交流が深められました。

 kouryuukai2  kouryuukai3

   藤縄理事長による開会挨拶                 白石昇央氏による特別講演

 kouryuukai4  kouryuukai5

内田洋平氏による特別講演                     会場の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.6/17-22 グランド再生可能エネルギー2018国際会議(Grand RE2018 国際会議)開催のご案内

AGREA-地下水・地下熱資源強化活用研究会
投稿日:2017年11月29日

グランド再生可能エネルギー2018国際組織委員会主催による、グランド再生可能エネルギー2018国際会議が開催されますのでご案内致します。藤縄理事長も発表される予定ですので、AGREA会員の皆さんも是非参加を検討いただければと思います。

パンフ1

パンフ2

案内用チラシはこちらからダウンロードして下さい。

改定版GRE2018チラシ表(日本語)    改定版GRE2018チラシ裏(日本語)

改訂版GRE2018チラシ表(英文)     改定版GRE2018チラシ裏(英文)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10/2-3 地下熱利用に役立つ地下水解析講習会を開催しました。

AGREA-地下水・地下熱資源強化活用研究会
投稿日:2017年10月11日

AGREA主催による「地下熱利用に役立つ地下水解析講習会」を、10月2日と3日の両日にわたり日本大学文理学部の会場にて開催しました。講師として総合地球環境学研究所の谷口真人氏をはじめ、日本大学の竹村貴人氏や八千代エンジニヤリング㈱の冨樫聡氏、㈱東京建設コンサルタントの河内敦氏をお招きし、地中熱利用に関する話題提供のほか熱移動解析ソフトGSHPSシミュレーターによる実践実習が行われました。今回の講習会には計11名の方が参加され、講習後には藤縄理事長より全員に修了証が授与されました。参加されたみなさん、大変お疲れ様でした。

 

H29技術講習会-1

H29技術講習会-4

 

H29技術講習会-5

H29技術講習会-6