AGREA-地下水・地下熱資源強化活用研究会

What's AGREA-地下水・地下熱資源強化活用研究会

特定非営利活動法人地下水・地下熱資源強化活用研究会は、地下水・地下熱資源の強化活用を通じて豊かな社会の醸成に貢献できるように活動する団体です。

仕切り線

【事務局】

信州大学工学部

藤縄研究室内(土木工学科棟3F)

〒380-8553

長野県長野市若里4-17-1

TEL:080-9283-0010

仕切り線 メールはこちらへ 会員専用ページ

地中熱見える化技術 「GSHPS」

GSHPS(Ground Source Heat Pump System)

NPO法人 地下水・地下熱資源強化活用研究会(AGREA)では、2020年3月に「地中熱利用技術ハンドブック」を刊行します。このハンドブックの「3.9 見える化技術」は地下水中における熱移動解析及び結果の図化について解説した節です。

 

そこでは、GSHPS(Ground Source Heat Pump System) という地層温度の時間変化と空間分布を解析するためのツールとその図化について解説します。これは、地下水流れがあるサイト(流れがない場合も含む)において複数孔で、連続あるいは間断、吸熱あるいは排熱型熱交換を実施した場合の、地層温度の時間変化と空間分布を解析するものです。

 

本ダウンロードページは、ここで解説しているGSHPS及び結果の図化プログラム一式を、一括ダウンロード可能としています。ここにGSHPSの本体は実行形式のファイルとして収納しており、解説書に従って諸条件を入力することでシミュレーション計算を実施し、結果の図化が可能となります。

なお、プログラム及びマニュアルの解凍用パスワードは、ハンドブックに差し込まれた用紙に記載されるものをご利用ください。

 

また、図化プログラムの利用にあたっては、Gnuplot(Ver5.0)、k-lite Codec Pack(すべてフリーソフト)を解説書に従って事前にインストールする必要があります。

 

内容の詳細、利用の条件及び利用の方法につきましては、「地中熱利用技術ハンドブック」及び本ダウンロードページから入手できる解説書をご覧ください。

GSHPSダウンロード32bt
GSHPSダウンロード64bt
マニュアル